京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

ドキドキ・・・|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

ドキドキ・・・

次は来週の月曜か・・・。

月に二回ペースが定着してきた僕の京都出張。

心が奔馬のよう逸(はや)る。昔はあれほど出張嫌いだった自分が嘘のようだ。

 

実は、僕を変えたのが京都 デリヘル『ドキドキ♡』。

京都 デリヘル『ドキドキ♡』は初めての京都出張のときに知ったんだ。

それは、予定していた得意先との会食がのっぴきならない事情でキャンセルとなり、時間を持て余していた京都の夜のできごと。

「そうだ、デリヘルでも呼ぼうか」

僕はスマホを取り出し、「京都 デリヘル」と検索した。

 

さすがは京都。観光客はもちろん、僕のような出張客も多いのだろう、京都にはびっくりするくらい多くのデリヘルがあった。

京都では低料金をアピールするポップな印象のデリヘルと高級感を醸し出し女の子の質の高さを謳うデリヘルに二分され、両者はうまく棲み分けが成されているようだ。

そんななかで一見何の変哲もないシンプルなデリヘルのサイトが僕の目に留まった。

京都 boy-meets-girl デリヘル  京都 デリヘル『ドキドキ♡』

え?boy-meets-girl デリヘルだって?

少年が少女と出逢って恋に落ちる?

なんと、京都には恋愛感情をコンセプトにしたデリヘルがあるのか?

半信半疑で僕は京都 デリヘル『ドキドキ♡』へ電話を掛けた。

 

boy-meets-girl かぁ・・・。

学生の頃、生まれて初めて女の子とデートをした日の遠い記憶がよみがえってきた。

着るものは先週奮発して買った

あそことここへ行って、何を見て

レストランも予約した

帰り道、手をつないでもいいかな?

場合によってはキスしてもいいかな?いや、それは嫌われる筈だ、ここは慎重に・・・

 

僕が京都 デリヘル『ドキドキ♡』で指名した女の子は心なしか初恋の女性に似ている。

僕はまだ彼女を追い掛けているんだろうか?

思い立ったように洗面台へ行き、歯を磨き、髭を剃り、髪を整えた。

そしてアレンジメントフラワーのルームサービスを頼んだ。

あとから考えれば、京都 デリヘル『ドキドキ♡』の女の子が部屋に来るまで、僕はずっとドキドキ、そわそわと部屋の中を歩き回っていたのだ。

「イイ齢して何やってんだか・・・」、思わず吹き出してしまった。

 

やがてドアが小さくノックされた。

はにかみながら挨拶をする京都 デリヘル『ドキドキ♡』の女の子。

こうして実際に目の当たりにすると、初恋の女性ではない。当たり前だけど。

でも、

ある日違う道を選ぶことになった二人が

お互いそれぞれの道を歩んできて

もう逢うことなどないと思っていたのに

分かれた道はまた繋がっていた

思わず「やあ、お久しぶり。元気だった?」と挨拶を返したい、そんな気持ちになった。

 

それ以来、僕は京都へ行くたびに京都 デリヘル『ドキドキ♡』の彼女と逢っている。

京都 デリヘル『ドキドキ♡』の彼女も僕の京都出張を待ってくれているようだ。

最初、僕は叶わなかった初恋の女性の afterimage (残像)を追いかけているのかと思ったがそうじゃない。

僕は京都 デリヘル『ドキドキ♡』の彼女と新しい恋をしているんだ。

 

京都 boy-meets-girl デリヘル  京都 デリヘル『ドキドキ♡』

こんなデリヘル、京都だけだと思う。