京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

装い華やか錦絵の世界 芸舞妓ら「京おどり」の衣装合わせ|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

装い華やか錦絵の世界 芸舞妓ら「京おどり」の衣装合わせ

2015/02/21 00:15

京の花街、宮川町の春の舞踊公演「第66回京おどり」(4月4~19日)の衣装合わせが20日、京都市東山区の宮川町歌舞練場でありました。

芸舞妓が華麗な衣装をまとい、プログラム用の写真を撮影しました。

今年の演題は「宮川かぶき花街咲芝居錦絵(さとにさくしばいのにしきえ)」。

歌舞伎の流行とともに茶屋町として発展した宮川町で、ゆかりの出雲阿国(いずものおくに)の人生をテーマに全9場で繰り広げます。

「ややこ踊り」で人気を呼んだ阿国が名古屋山三(さんざ)と出会って芸を磨く姿を描き、形見の刀を残して戦に向かう山三との別れのシーンなども盛り込んで物語として展開します。

女助六が登場する場や舞妓による京野菜小唄もあり、恒例の「宮川音頭」で華やかにフィナーレを飾ります。

20150220113313220miyagawa_normal