京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

留め具愛、“根付”いて 京都の美術館が通年開館|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

留め具愛、“根付”いて 京都の美術館が通年開館

2015/02/16 19:26

江戸時代、男性が印籠やたばこ入れなどを着物の帯につるす留め具として普及した「根付(ねつけ)」を専門に展示する京都市中京区坊城仏光寺北東角の美術館「京都清宗(せいしゅう)根付館」が、今年から通年開館を始めた。昨年までは年間計5カ月間のみ開館していたが、愛好家や外国人観光客らの人気の高まりを受けて、展示期間を延ばした。

根付は手のひらに収まる程度の大きさで、象牙や木、鹿の角などの素材に精巧な彫刻が施されている。国内の愛用者や作家は減少し、江戸時代から昭和初期の優れた作品はほとんど海外に流出しているため、欧米を中心に海外の愛好家から人気を集めているという。

同館は「展示を通じて現代の作家を支援し、根付を後世に残していきたい」と多くの来館に期待している。月曜休館。入館料が必要みたいです。

20150216125856netsuke