京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

「第9」でまるたけえびす♪合唱へ 京都の通り名を歌詞に|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

「第9」でまるたけえびす♪合唱へ 京都の通り名を歌詞に

2014/12/25 14:13

「通りすがりでも気軽に参加できる」地下街の合唱団として活動しているメンバーが、京都市の通り名をベートーベンの「第9」にのせた歌を25日に地下街ゼスト御池(中京区)で披露します。

年の瀬を一緒に歌って楽しもうと、当日の合唱メンバーを募っています。

歌うのは、ゼスト御池の御幸町広場を拠点に活動する京都御池合唱団。

キーボード奏者鈴木潤さん(47)=東山区=の呼び掛けで昨年4月に発足し、現在は約200人が登録しています。

ゼスト御池で昨年から実施している歌のコンテストの入賞者ら12人でつくる「京都御池シンガーズ」のメンバーも参加します。

京都版「第9」は地下街で飲食店を経営する妹尾美貴さん(54)=下京区=が作詞しました。

妹尾さんと鈴木さんは合唱団と御池シンガーズのためにそれぞれオリジナル曲をつくりました。

2曲を披露する催しを12月に開くことになり、「年末恒例の第9に京都らしい歌詞を乗せて、みんなで歌おう」と企画しました。

歌詞は「京の通り名の唄」と同じく「まるたけえびす」で始まり、2番まで通り名が続きます。

3番は五山送り火と京都三大祭りを盛り込み、4番では京都のまちをみんなで歩こうと呼び掛けます。

開演は午後3時から、ゼスト御池の河原町広場で。合唱団が歌謡曲を歌った後、オリジナル2曲とともに第9を初披露します。