京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

新調ひのき舞台、顔見世待つ 京都・南座、23年ぶり改修工事|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

新調ひのき舞台、顔見世待つ 京都・南座、23年ぶり改修工事

2014/11/13 21:20

顔見世興行を前に、京都市東山区の南座で、23年ぶりとなる舞台の改修工事が進められています。

真新しいヒノキの板が敷き詰められ、歌舞伎役者の熱演を支える新たな舞台が姿を見せ始めました。

舞台は幅18メートル、奥行き15メートルで、今月3日に作業が始まりました。

無数の傷や凹凸が刻まれた敷板はほぼ取り除かれ、回り舞台やせりを動かす舞台下の構造が見える状態になっています。

舞台を支える骨組みのゆがみの補正や傷んだ部材の交換も終わりました。

13日はヒノキ板を敷く作業が行われ、職人さんたちが1枚ずつ板を並べ、ねじで固定していきました。