京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

受け継ぐ伝統、顔見世まねき書き|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

受け継ぐ伝統、顔見世まねき書き

2014/11/07 21:13

京都に師走の訪れを告げる南座(京都市東山区)の「吉例顔見世興行」で、劇場を彩る「まねき看板」に出演俳優の名を書き入れる「まねき書き」が7日、京都市左京区の妙伝寺で行われました。

昨年まで18年間、作業を担ってきた書家の川勝清歩さん(81)が引退し、今年から弟弟子の井上優さん(69)が引き継ぎました。

井上さんは真剣な面持ちで、ヒノキ板のまねき看板(長さ約1・8メートル、幅約30センチ)に向かい、つや出しに清酒を混ぜた墨を筆にたっぷりと含ませ、「坂田藤十郎」、「松本幸四郎」など東西の人気役者の名前を勘亭流の書体で力強く書き上げました。