京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

花街の“華”秋本番|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

花街の“華”秋本番

2014/09/27 21:22

篠崎 花梨(しのざき かりん)です。

京の花街・祇園甲部の公演「温習会」(10月1日開幕)の稽古を仕上げる「大ざらえ」が27日、会場となる京都市東山区の祇園甲部歌舞練場であり、本番に向けて芸舞妓たちが舞台で動きを確認しました。

温習会は、京舞井上流家元井上八千代さんの指導を受ける芸舞妓の稽古の成果を示す舞台で、毎秋開いています。今年は芸妓47人、舞妓23人など計92人が出演。地唄「袖の露」や清元「女車引」、上方唄「相模あま」など計10演目から日替わりで6演目を披露します。

公開された長唄「菊づくし」の稽古では、色とりどりの衣装を身にまとった舞妓たちが、曲に合わせてのびやかに舞いました。指導した八千代さんは「舞台を通じて若い人たちのスキルがだんだん上がる。目標を持ってやってほしい」と話していました。

20140927133319gion