京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

モナコ ロイヤルウェディング展|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

モナコ ロイヤルウェディング展

2014/09/05 21:21

飛鳥 舞(あすか まい)です。

モナコ公国大公(元首)のアルベール2世公とシャルレーヌ公妃の結婚式の模様を紹介する「モナコ ロイヤルウェディング展」が京都市下京区の美術館「えき」KYOTOで始まりました。

ジョルジオ・アルマーニ氏がデザインしたドレス、特別にオーダーされたティアラなどが飾られ、訪れた人が豪華な品々を見ながら結婚式の様子に思いをはせています。

2011年7月に行われた式で公妃が着たドレスは、4万個のクリスタルや2万個のマザーオブパールなどで飾られ、長さ5メートルのベールが付いた一点もの。会場では、繊細な刺しゅうまで間近に観賞できます。

晩餐(ばんさん)会で用いられた食器や記念品など成婚にかかわる品々のほか、故グレース公妃ゆかりの装飾品やモナコ公国の歴史を紹介する資料も展示され、「地中海の宝石」と呼ばれる同国を身近に感じられます。

1-280x420