京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

「大工」をユネスコ文化遺産に|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

「大工」をユネスコ文化遺産に

2014/09/04 20:56

夢路 美月(ゆめじ みづき)です。

日本建築の継承を目指す「伝統を未来につなげる会」(会長・中村昌生京都工芸繊維大名誉教授)が、伝統工法と匠(たくみ)の技による「大工技術」を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産へ登録を目指す活動に乗り出しました。

家屋の建築には左官や建具、屋根ふきなど大工以外の幅広い仕事が関わります。京都では地元の料理人が発起人となり、昨年12月に「和食」が無形文化遺産に登録された実績があります。建築技術についても同様に、日本建築が多い京都の建築関係者が中心となり、登録範囲の絞り込みも同時に進めていく考えです。

中村会長は「大工の技は単に古い建築を保存するだけの技術ではない。木と木を組むなどして家屋を造り上げる技術は世界に比類ない。生活に息づく伝統工法を未来へつなぐことで、日本の文化もともに栄える」と話しています。

_9e62f1416d5356fc28e37eb81169c625_2-360x480