京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

放牧の牛、冬ごもり 京都・碇高原牧場|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

放牧の牛、冬ごもり 京都・碇高原牧場

2015/12/03 17:14

厳しい冬を越すため、広い放牧地で過ごしてきた牛を牛舎に戻す「収牧」作業が2日、京都府京丹後市丹後町の碇(いかり)高原牧場で行われました。冷たい風が吹く中、妊娠牛12頭が巨体をゆらしながら牛舎に帰り、来春までの「冬ごもり」を始めました。
標高400メートルにある同牧場では、黒毛和種の肉用牛や乳用牛約200頭を放牧地33ヘクタールで飼育しており、冬場はえさの草が少なくなるため、牛舎に戻して飼養管理や育成を行っているそうです。
収牧は11月下旬から行い、この日が最後の作業となりました。バイクや軽トラックに乗った職員が「ハイッ、ハイッ」と掛け声を上げて後ろから追い立てると、来年1~4月に出産を予定する牛たちは小走りで牧場内の道を進み、牛舎に入って行きます。
放牧は来年4月に再開される予定です。

20151203-00000010-kyt-000-1-view