京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

新酒の販売目前 20年目の「大鬼」ラベル刷り|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

新酒の販売目前 20年目の「大鬼」ラベル刷り

2015/12/02 17:43

鬼の里・福知山市大江町の地元産米で地酒を造り、地域の活性化に努めている「大江で地酒を造る会」(大槻博路会長)は11月30日、会員らが今季の新酒の瓶に貼るラベル刷りを致しました。活動は20年を迎え、会員らはこれまでの取り組みを振り返るとともに、さらなる飛躍を誓っております。

活動を始めたのは1996年。造る会が酒米の五百万石を栽培し、収獲した米を宮津市のハクレイ酒造で醸造してもらい、ハクレイの酒を扱う店で販売しています。会員は現在、12人と2団体です。

造っているのは、純米吟醸生酒原酒「大鬼」など、今年は会員の田など合計1・2ヘクタールで米を作り、鳥獣被害に遭ったが、6トンを収穫できたそうです。

今季の「大鬼」は15日から大江町内で売り始め、来年1月からはほかの地域でも販売する予定です。価格は税抜きで1升瓶(1・8リットル)が3400円、4合瓶(720ミリリットル)が1700円となっております。

ラベル刷りは毎年会員が行っており、今年は1升瓶用1千枚、4合瓶用1300枚を作る予定です。30日は、当面の分として1升瓶用500枚と4合瓶用700枚を刷りました。

大槻会長ら6人が作業をし、「大鬼」の文字を反転して彫った版木に黒いインクを付け、上にラベル用の紙を押し当ててこすり刷って行きました。最後に来年の干支の「丙申」の落款を赤で押して完成させるそうです。

20151202-00010001-rtn-000-1-view