京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

ゲーセン、高齢者に照準 縮む市場、新たな客層に|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

ゲーセン、高齢者に照準 縮む市場、新たな客層に

2015/11/18 17:26

ゲームセンターを利用する高齢者が近年増えているそうです。金銭的な負担が小さい上、適度に頭脳や体を使うことから老化防止にもつながるためだと言われております。運営会社はシニア向けの特典を設けるなど、取り込みを図っているそうです。
ゲームソフトメーカーのカプコン(大阪市)は今秋、京都市右京区のイオンモール京都五条内で運営しているゲームセンターで、50歳以上を対象にメダルゲームやクレーンゲームのこつを教える催しを開きました。
参加した近くの柴田さん(75)はほぼ毎日訪れ、3~4時間楽しむといい、メダルゲームについて「残ったメダルは店に預けることができるため1週間に千円程度で楽しめる。手と頭を使うので病気の予防にもなる」と話しておられます。
このゲームセンターでは、メダルゲームコーナーの約3割を高齢者が占め、常連客同士の交流も生まれているといいます。カプコンは3年前から同様の教室を全国で開いており、「介助知識を持つスタッフを増やすなどして、高齢者も楽しめる環境を整えたい」としています。

20151118-00000020-kyt-000-5-view