京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

iPS移植に他人細胞使用検討 パーキンソン病治験で京大|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

iPS移植に他人細胞使用検討 パーキンソン病治験で京大

2015/11/11 18:03

iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞をパーキンソン病患者に移植する京都大の再生医療について、他人の細胞を使う移植法も当初の臨床研究(治験)として検討していることが11日、分かった。京大はさまざまな型のiPS細胞を備蓄した「iPS細胞ストック」の構築を始めており、安全な他人のiPS細胞を利用できる環境が整いつつあるため。移植手術の実施時期に遅れは出ない見込みといいます。。
当初に計画していた臨床研究は、6人の患者本人の血液細胞から作ったiPS細胞を使用する内容。昨秋に施行された再生医療安全性確保法に基づき、今夏にも京大の委員会に審査を申請する予定でした。
臨床研究を実施する高橋淳iPS細胞研究所教授によると、患者の細胞を使う場合は、作成したiPS細胞の安全性の検討に多くの時間を要する。一方で、他人の細胞を使う場合は、再生医療用としての安全性がすでに確保された「ストック」のiPS細胞を使えるため、時間がかからない利点があるといいます。
高橋教授は「医療としての早期実現に向け、どちらを先に実施する方がいいのかを慎重に検討している」と話しています。
他人の細胞を使う場合は、ストックから作った神経細胞を医療製品化するために、薬事法に基づいた治験として臨床研究を実施するそうです。

080229_01