京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

五輪選手輩出の屋外プール解体へ 京都踏水会、完成44年|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

五輪選手輩出の屋外プール解体へ 京都踏水会、完成44年

2015/08/28 20:49

多くの市民に親しまれ、数々の五輪選手を輩出したスイミングクラブ「京都踏水会」(京都市左京区聖護院蓮華蔵町)の屋外50メートルプールが28日で使用を終了し、月末にも解体が始まります。

完成から44年間がたち老朽化や温水の燃料費がかさむためですが、利用者から惜しむ声も出ています。

50メートルプールは、一周150メートルの円周(エンドレス)プールの一部で、1971年にできました

踏水会は明治時代創立で京都の水泳クラブの草分けで、70年までは近くの琵琶湖疏水の夷川ダムで練習していました。

当時、市内では温水の50メートルプールは珍しく、受講者が約6千人いたこともありました。

20150828105504828tousuikai