京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

縁結びの穴場、濡髪大明神 京都・東山、あでやかな名で信仰|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

縁結びの穴場、濡髪大明神 京都・東山、あでやかな名で信仰

2015/07/30 21:22

恋に落ちた時、神さまに縁結びをお願いする人も多いのでは?

京都・粟田口の旅館「辻野」に、歌人の与謝野晶子が師の与謝野鉄幹と、仲間の山川登美子とともに泊まったことがありました。

晶子と登美子の恋愛模様を想像しながら粟田口かいわいを散策してみましょう。

お勧めなのが知恩院(京都市東山区)境内にある濡髪(ぬれがみ)大明神です。

知る人ぞ知る、穴場スポットなのです。

こんな伝承があります。

『寛永年間の大火で御影(みえい)堂が焼失。再建に尽力した霊巌(れいがん)上人の枕元に濡れ姿でしくしくと泣く童子が現れた。

御影堂ができたためにすみかを追われたシロギツネだと知った霊巌上人は、代わりのねぐらとして濡神大明神を用意。

喜んだキツネは「知恩院を火災から守る」と約束し、「知恩院の七不思議」の一つである傘を置いていった-』

以後、「火よけの神さま」として信仰を集めてきましたが、「濡髪」というあでやかな名前と、祇園町に近いことから縁結びの神様として親しまれるようになったそうです。

場所は勢至堂(せいしどう)の脇をくぐり抜けた墓地奥にあります。

晶子らが泊まった旅館「辻野」は今はありません。

20150730181046nure