京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

NYコレクションに着物出展を 京都のNPO、ネットで資金集め|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

NYコレクションに着物出展を 京都のNPO、ネットで資金集め

2015/07/22 21:47

ニューヨークコレクションの舞台に古典着物を―。

京鹿の子絞や京友禅など、京の着物づくりに携わる職人たちでつくるNPO法人「きものアルチザン京都」(京都市中京区)が、来年2月の同コレクションへの出展を目指して準備を進めています。

同NPO法人は、仕立てや和装小物を含む着物の作り手ら12人で構成、昨年秋に二条城で行われた「アートアクアリウム」の会場で作品を発表したほか、現在は万博開催でにぎわうイタリアのミラノでも期間限定の店舗を運営しています。

海外への発信を目指すメンバーが、昨年秋に米国在住の着物スタイリスト浅井広海さんを訪ねたのをきっかけにニューヨークコレクションを目指すことで一致。

現在、インターネットで不特定多数の人から資金を募る「クラウドファンディング」で出展費用を集めています。

浅井さんによると、パリやミラノ、ロンドンと並ぶ世界四大ファッションショーの一つのニューヨークコレクションに着物が正式出展するのは初めて。

浅井さんは今年3月に米国・マイアミで着物をテーマにしたファッションショーを開催、会場に入場しきれないほどの観客でにぎわう盛況ぶりだったといい、ニューヨークコレクションでも「京都の職人の手仕事によって作り出される本物の着物は大きなインパクトを与えるに違いない」と期待を寄せます。

正式に参加が決まれば、しっかりとした技術に基づく古典柄の着物を中心に発表したいといい、同NPO法人の藤井浩一理事長は「着物の技術を未来につなぐためにも、コレクションへの出展が新たな出合いにつながれば」と話しています。

資金は7月末までクラウドファンディングのサイト「キックスターター」で募っており、参加はhttp://kck.st/1Nj5jBZから(英語のみ)。

問い合わせは、同NPO法人マーケティングディレクター石崎さんの携帯電話090(1536)8749。

20150722151845kimono