京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

祇園祭も台風警戒 山鉾にシート、懸装品外す|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

祇園祭も台風警戒 山鉾にシート、懸装品外す

2015/07/16 21:04

台風11号の接近に伴い、祇園祭前祭(さきまつり)の各山鉾町(京都市下京、中京区)は16日、鉾や山をシートで覆ったり、駒形提灯を下ろしたりと風雨対策に追われました。

船鉾は、入母屋造りの屋根を除いて巨大な鉾がすっぽりと白いシートで覆われました。

祇園祭船鉾保存会の古川雅雄理事長(79)は「(風雨によって)事故が起きてはいけないし、文化財を傷めたくない。天気が心配。あすの巡行は、台風の進路がそれてくれたら」と話していました。

月鉾や菊水鉾は、関係者が駒形提灯を手際よく外しました。

また、太子山や油天神山、郭巨(かっきょ)山などは、15日夜から懸装品と駒形提灯を下ろし、木部だけの状態にしています。懸装品の保護と横転防止のためです。

17日の巡行の中止や変更については、祇園祭山鉾連合会が同日午前5時半までに判断します。

20150716130030hoko650