京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

現存最古の霊場絵地図、仁和寺に 京都・御室八十八カ所|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

現存最古の霊場絵地図、仁和寺に 京都・御室八十八カ所

2015/07/09 20:59

御室八十八カ所霊場(京都市右京区)が開設された1827(文政10)年発行の絵地図が8日、所有者の養福寺名誉住職五十嵐隆明さん(82)=左京区、元浄土宗禅林寺派管長=から、同霊場を管理する仁和寺(右京区、真言宗御室派総本山)に寄贈されました。

絵地図は、仏教資料を収集している五十嵐さんが、以前に古書店から購入し、自坊で保管していた資料の束から見つけ、仁和寺に寄贈を申し出ました。

仁和寺に現存する同霊場の絵地図は、文政京都地震(1830年)後に再建された姿を描いた1832(天保3)年版だけで、創建当時の霊場を記録した図は歴史資料として貴重だそうです。

この日、五十嵐さんが仁和寺を訪れ、立部祐道門跡(75)に絵地図を手渡しました。

五十嵐さんは「絵地図を納まるべきところに納めることができ、ありがたい」、立部門跡は「御室八十八カ所霊場が持つ『健康』『観光』『信仰』の魅力の発信に役立てたい」と話していました。

20150709180842omuro