京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

梅雨空の夏至、白いハンゲショウ涼やか|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

梅雨空の夏至、白いハンゲショウ涼やか

2015/06/22 19:34

一年で最も日中が長い夏至の22日、京都市内は梅雨空に覆われ、蒸し暑くなった。東山区の建仁寺塔頭・両足院では、葉を一部白く染めたハンゲショウが見頃となり、白化粧が夏本番を告げていた。

ハンゲショウの名前は、夏至から11日目の「半夏生(はんげしょう)」の時期に花を咲かせることや、葉の片面が白く「化粧」することなどが由来とされる。同院では今月中旬から葉を染め、房状の花を咲かせ始めたという。

京都地方気象台によると、この日の市内の最低気温は平年(20度)よりやや低い18・6度。曇り空だったが、日が昇るにつれ蒸し暑さは増した。

庭園には、朝から参拝者が訪れ、額に汗しながら、約800株のハンゲショウを眺めていたそうです。

20150622132555hangesyo