京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

盛者必衰の世、沙羅の花はらり|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

盛者必衰の世、沙羅の花はらり

2015/06/15 19:39

はかなさの象徴とされ、古くから日本で「沙羅双樹(さらそうじゅ)の花」として親しまれているナツツバキが、妙心寺塔頭・東林院(京都市右京区)で見頃を迎えた。訪れた人たちが、こけむした緑の庭に落ちる白い花の風情を楽しんでいるそうです。

平家物語で「盛者必衰の理(ことわり)をあらわす」とうたわれた沙羅双樹は、釈迦(しゃか)入滅の時に悲しんで枯れたとも伝わる。インド原産のサラノキが由来で、国内ではナツツバキを代用としてきた。

東林院では15日、恒例の「沙羅の花を愛(め)でる会」が始まった。参加者らは本堂の縁側に腰を掛け、朝に花を咲かせ夕方に美しい姿のまま落ちてゆく無常の世界観に浸っていたようです。30日まで。有料。

20150615124545615sarasara