京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

人馬一体、鮮やか的射抜く |京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

人馬一体、鮮やか的射抜く 

2015/06/08 19:45

馬を走らせながら弓矢で的を射る「流鏑馬(やぶさめ)神事」が7日、大津市神宮町の近江神宮で営まれた。深緑の参道に設けられた馬場で、射手が馬と呼吸を合わせて鮮やかに的を射抜くと、見守っていた約5千人の観衆から歓声が湧き起こった。

五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う神事で、これまでは秋に奉納されてきたが今年から、祭神の天智天皇が国内で初めて漏刻(水時計)を作った故事にちなむ「時の記念日」(6月10日)の行事として開催することになったそうです。

勇壮な武者装束をまとった日本古式弓馬術協会の7人が約200メートルの馬場で馬を駆り、40メートル間隔で設けた三つの的を狙った。「次の馬はスピードが速すぎて矢を放つタイミングが難しい」など馬と射手の紹介アナウンスも流れ、訪れた人たちは伝統行事の緊張感を楽しんでいた。

射手が全力疾走する馬上で巧みに弓矢を扱い、直径10センチの的を射抜くと、ひときわ大きな歓声が響いた。

2015060720293607_yabusame