京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

“雷神”の巨大彫像登場 京都府立植物園、琳派400年催し|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

“雷神”の巨大彫像登場 京都府立植物園、琳派400年催し

2015/05/26 21:10

琳派(りんぱ)400年祭を記念し、京都市左京区の府立植物園で開催するアートプロジェクトの制作発表が26日、現地で開かれ、観覧温室前の鏡池で雷神をイメージした巨大な彫像が披露されました。

これは、神々をモチーフにした巨大彫刻作品を制作、展示する「パンテオン-神々の饗宴(きょうえん)-」(府など主催)。

26日から雷神、7月25日から花の女神フローラ、8月中旬から風神が次々と鏡池に登場します。

この日お披露目された作品「雷神-黒い太陽」は、直径約6メートルで、黒い角を入れると高さ12メートル。

鉄とプラスチックで構成し、雷神の卵をイメージしました。

雷を発生させる装置を内蔵し、9月下旬からの夜間ライトアップ時に動かす予定です。

風神は風力で水をくみ上げ、フローラも動く仕掛けがあるそうです。

20150526183027raijin