京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

糺の森「無限大の輝き」 京都の写真家、大病に負けず撮影|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

糺の森「無限大の輝き」 京都の写真家、大病に負けず撮影

2015/05/23 21:19

写真家の井上隆雄さん(74)=京都市左京区=が、下鴨神社(同区)の式年遷宮にあわせ、糺の森の自然を撮影した写真集「光と游(あそ)ぶ」を出しました。

約10年間かけて四季を写した数万枚から362点を選びました。

途中、大病で車いす生活となりながらも撮影を続け、「不自由な体になったからこそ無為に自然に向き合えた」と話しています。

糺の森の撮影は、下鴨神社の依頼で始まりました。

東北地方の雄大な自然に分け入って撮影をしていた井上さんにとって糺の森は「小さな自然」に思えましたが、いざ足を踏み入れてレンズ越しに見つめると、「無限大の広がり」を感じたそうです。

「形、色、風、雨。実に豊かな変化がそこにはあった」と振り返ります。

6年前に解離性大動脈瘤(りゅう)を患い、その後は足が不自由になりました。

雪の日にも松葉づえで参道を進み、刻々と移り変わる表情を追いました。

「自然の豊かな変化と、その奥にある神仏を感じて癒やされた。自分の美意識をちょっと横に置いて、そこにある草木のありのままが写真にも表れたと思う」。

掲載した写真の6割は病を得てからのものだそうです。

写真集は下鴨神社境内の授与所で販売しています。2800円。

20150523160540inoue