京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

神輿5基、氏子地域練る|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

神輿5基、氏子地域練る

2015/05/04 19:23

伏見稲荷大社(京都市伏見区)の例祭、稲荷祭を締めくくる還幸祭が3日、同大社一帯で営まれた。5基の神輿(みこし)が氏子が住むまちを巡行し、同大社へ戻ったそうです。

稲荷祭は平安時代に始まったとされる。稲荷大神が年に一度、氏子が住む地域を巡り、一年の無事を願う同大社最大の祭事。

4月19日の神幸祭で御旅所(南区)に運ばれた5基の神輿は、午後2時にトラックに乗り出発した。近くの東寺では僧侶が読経する「神供(じんく)」の儀式があった。時代装束姿の氏子ら約130人が乗るトラック約30台を伴い、五条通や竹田街道など氏子地域を巡り、午後4時すぎに本殿に到着したそうです。

大勢の参拝者が見守る中、神輿に乗った神は「錦蓋(きんがい)」と呼ばれる祭具に覆われ、本殿にうつされたようです。

20150504103503fushimi