京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

京都銭湯芸術祭が開幕|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

京都銭湯芸術祭が開幕

2015/04/19 20:55

京都市内の銭湯を会場に芸術作品の展示やイベントを行う「京都銭湯芸術祭」が18日、始まった。個性あふれる作品を、入浴客らが楽しんだそうです。
市民に身近な銭湯で気軽に芸術を楽しんでもらいたいと、京都市内のアーティストらが実行委員会を作り、昨秋に続いて開いた。今回は京都市中京区、左京区、東山区の銭湯8店と上京区の堀川団地の一室を会場に、主に公募で選ばれた京都や大阪などのアーティスト13組が作品を発表している。
中京区の京都玉の湯では、ペインターの作品を展示している。シャワーヘッドや陶器の招き猫など、京都玉の湯の備品をプラスチック板に描き、浴場のタイルに貼りつけた。入浴客らはリラックスした表情で色鮮やかな作品に見入っていたようです。
左京区の平安湯、東山区の新シ湯と旭湯では、げた箱の鍵の形を変えた芸術作品、中京区の錦湯では日用品などを人形に見立てた作品を展示している。また、左京区の東山湯温泉では女湯の照明を桃色に変える作品も数日行われる。19日午後5時から、堀川団地上長者町棟535号室の会場で、出品しているアーティストらが作品の解説などを行う有料のオープニングイベントが開かれたそうです。
同祭は5月17日まで。銭湯の入浴料が必要。

20150419102831furo009