京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

京都市の公衆WiFi「危険」 府警「犯罪インフラに」警告|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

京都市の公衆WiFi「危険」 府警「犯罪インフラに」警告

2015/04/08 21:30

京都市は2012年8月から民間の通信会社と共同で無料のWiFi整備を始めました。

当初は、接続する際に指定された宛先にメールを送る仕組みで、ある程度は利用者の特定が可能でした。

しかし、昨年12月以降、メールを送らなくても利用規約に同意するだけで24時間無料で接続できる方法に簡略化。

市によると、バス停など約1500カ所に無料スポットを整備し、今年3月の利用件数は延べ62万2千件に上るといいます。

一方、府警サイバー犯罪対策課の分析で、市の現行のWiFi環境は、犯罪予告や薬物密売に悪用された場合、発信元の特定が困難だと判明しました。

利用者の無線通信が暗号化されず、他人に傍受されたり、個人情報が漏れる恐れもあり、府警は「ネット環境があまりに危険」として3月、市にセキュリティーの向上を求めました。

市は「他の観光都市に負けないため、利便性を追求した。今後、利用時間に制限を設けるなど安全対策を見直す」としています。

20150408034610wifi