京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

カラダ美人の秘けつは下着 京都でエイジング対策講座|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

カラダ美人の秘けつは下着 京都でエイジング対策講座

2015/03/11 21:04

顔のお手入れには気をつかっても、体のほうは後回し、という人も多いはず。

バストやお尻のエイジング対策を考える「カラダ美人講座」が、京都市下京区のCOCON烏丸で開かれました。

下着メーカー「ワコール」(南区)の谷本貴子さんが、体の変化や下着の選び方を指南しました。

「正しい下着をつけると、動いたり歩いたりする姿も違ってくる」と谷本さん。

映像で比較すると、確かに、体に合ったブラジャーをつけていると胸が上がり、全体の立ち姿が真っすぐに、きりっと見えます。

20歳を過ぎるとバストの下垂が始まるといいます。

「バストの中には筋肉がないので、鍛えることはできない。ただ、皮膚のはりや弾力がなくなると、支えきれずに垂れてくる」とのこと。

バストを頻繁に大きく揺らしたり、太ったりやせたりを繰り返すと、皮膚が緩み、下垂を早める原因になっていくそうです。

あまり揺らさないよう、ある程度サポート力があってバストの形にあった下着をつけることが下垂を防ぐこつといいます。

お尻は筋肉があるため、鍛えることができ、バストとは違って引き締めることも可能。

でも、揺れるとやはり皮膚が緩んでしまうため、日ごろからガードルなどで固定しておくと、スタイルを保つ一助になるようです。