京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

きらびやか、洛中洛外図 京都文博で特別展開幕|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

きらびやか、洛中洛外図 京都文博で特別展開幕

2015/03/01 19:27

3月1日に開幕する特別展「京(みやこ)を描く-洛中洛外図の時代」(京都新聞など主催)の開会式と内覧会が28日、京都市中京区の京都文化博物館で開かれた。招待客約450人はきらびやかな洛中洛外図屏風(びょうぶ)が並ぶ会場で、絵から浮かび上がる人々の活気や町の移ろいに引き込まれていた。

上空から俯瞰(ふかん)する町の姿を一双の屏風に描く洛中洛外図は、応仁の乱から町が復興する16世紀初頭に登場し、江戸期を通じて制作された。同展は国立歴史民俗博物館(千葉県)の所蔵品を中心に、室町後期から明治期までの重要文化財6点を含む計64点を紹介しています。

滋賀・舟木家に伝わった「舟木本」(重文=前期展示)、狩野派による「歴博乙本」(同)をはじめ各屏風には、祇園祭や花見、芸能を堪能し、商いやものづくり、家事にいそしむ人々が生き生きと描かれる。右隻と左隻を向かい合わせに並べて都の東西南北、春夏秋冬と符合させた展示など見せ方も工夫。招待客は屏風をのぞき込んで気になる人を見つけたり、今の町の様子と重ね合わせたりして楽しんでいた。4月12日まで(前期は3月22日まで、後期は24日から)。月曜休館。有料。

20150228214512rakutyuraku