京都で一番ときめきが止まらないデリヘルは『ドキドキ』!

バリアフリー観光をアプリでナビ|京都デリヘル ドキドキ

24時間営業中|075-634-7288
メニュー

新着情報

バリアフリー観光をアプリでナビ

2015/02/22 19:24

車いすや徒歩での観光をより便利にするため京都市などが開発中の「3Dバリアフリー・ルートナビゲーション・アプリ」の実証実験が20日、市内で行われた。車いす利用者や大学生ら約30人が参加し、タブレット型端末を手に、東山区や左京区の観光地を巡った。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、市や大学、企業などでつくる「京都未来交通イノベーション研究機構」が開発に取り組んでいるみたいです。

この日、東山区の八坂神社前に集合した実験参加者らは、端末に現在地と目的地を入力。画面上に3D地図と目的地までのルートが表示されると、案内に従ってそれぞれの目的地まで移動したそうです。

途中、道の状態に応じて画面上に「上り坂」「段差あり注意」などと表示されたほか、「坂本龍馬とお龍の結婚式場跡」などの観光情報も示されるみたいです。

歩行者目線の3Dナビの開発は、自動車用ナビより高い精度が必要で、全国初の試みという。段差などのバリアフリー情報が利用者の投稿により更新される仕組みも設ける。アプリは新年度中に無料で公開される予定。

201502202206373d